FRWブログ

FRWのブログ

『ガンダム Gのレコンギスタ』考察  その2 モビルスーツの左腕  *ネタバレ注意 

 *ネタバレ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、ベルリ・ゼラムとカミーユ・ビダン、二人の登場したモビルスーツについて書きたい。

 

 まず、ガンダムMkⅡだ。

 

 肝心なときに左腕がなくなっていて、固定式のシールドを使って人を守ることができずに、カミーユの母親とエマ・シーンを死なせている。

 また、Gディフェンサーとは名ばかりで、シールドを外さないと合体できない強化武装を持つ。スーパーガンダムになってロングライフルを構えるMkⅡはわざと怖く描いてあると思う。

 

 ゼータに至っては、戦闘機形態の先端部分についたシールドでシロッコの胴体を真っ二つにし、シールドが折れ戦闘機形態のまま、人の形に戻らずにカミーユが精神崩壊し終わっている。

 (ここが変わっているのが新訳『Z』。)

 

 一方、G-セルフは、

 

 シールドを持たないグリモアの、両手を使ったパンチの連打を、左腕のシールドを使って防ぎ、アイーダを守った。

 シールドを外さなくても、バックパックで強化が可能。

 

 指摘したいのは「左腕の意味」だ。

 

 筆者なりに見解を書くと左腕は、

 

 「心臓を守る腕」

 

 だと思う。

 

 そして、「左腕のついていないモビルスーツ」が意味するのは、

 純粋な兵器、ただの人殺しの道具、といったところだと思う。

 

 

 実際に、TV版『Zガンダム』の劇中で、モビルスーツはそのように描かれていると思う。

 

 

 一方でG-セルフは、人の命を守るために造られた機体だと後に明らかにされる。

 

 ベルリが、カミーユを意識して対照的に描いたキャラクターだとすると、

 G-セルフは、MkⅡとゼータを意識して対照的に描いたモビルスーツだと思われる。

 

 続く

『ガンダム Gのレコンギスタ』考察 その3 *ネタバレ注意

fast-run-winding.hatenablog.com